新大阪-名古屋の新幹線格安料金|割引チケットの最安値

2018年6月7日

新大阪-名古屋間の新幹線料金と所要時間等をまとめました。

新大阪-名古屋間の新幹線所要時間

新大阪-名古屋間を走る東海道新幹線は、のぞみ・ひかり・こだまです。

所要時間は、「のぞみ」が約50分、ひかり・こだまが約1時間5分です。

新大阪-名古屋の新幹線料金
切符の種類 料金(のぞみ) 料金(ひかり)
普通車自由席 5830円
普通車指定席 6560円 6350円
グリーン車 8790円 8580円
格安切符 4575円~ 4200円~

閑散期は、通常期の特急料金から200円引き、繁忙期は200円増しとなります

最も安い格安切符は、エクスプレス予約の「EXこだまファミリー早得」で4200円ですが、2人以上でないと予約できません。

1人で利用する場合は「ぷらっとこだま」が4400円です。

「のぞみ」に乗りたい場合は、「新幹線自由席用早特往復きっぷ」で、自由席が片道あたり4575円です。利用するには1週間前までに購入する必要があります。

新大阪-名古屋間の新幹線格安チケットの種類と料金
切符 料金(大人) 料金(子ども) 備考
EXこだまファミリー早得(指定席) 4200円

2100円 3日前まで/2~6人
ぷらっとこだま(指定席) 4400円

3200円 前日まで
新幹線自由席用早特往復きっぷ(自由席) 4575円

1週間前まで
学割(自由席) 5160円

EX予約サービス(自由席/指定席) 5580円

2780円 発車の4分前まで/1~6人
e特急券(指定席) 5580円

新幹線回数券(指定席) 5660円

学割(ひかり指定席) 5680円

自由席(正規料金) 5830円

スマートEX(自由席) 5830円

2910円 発車の4分前まで/1~6人
学割(のぞみ指定席) 5890円

EXこだまファミリー早得(グリーン車) 5900円

3800円 3日前まで/2~6人
EXこだまグリーン早得 5980円

スマートEX(ひかり/こだま指定席) 6150円

3070円 発車の4分前まで/1~6人
指定席(ひかり正規料金) 6350円

スマートEX(のぞみ指定席) 6360円

3170円 発車の4分前まで/1~6人
指定席(のぞみ正規料金) 6560円

ぷらっとこだま(グリーン車) 6700円

4600円 前日まで
EX予約サービス(グリーン車) 7800円

5000円 発車の4分前まで/1~6人
スマートEX(ひかり/こだまグリーン車) 8380円

5560円 発車の4分前まで/1~6人
グリーン車(ひかり正規料金) 8580円

スマートEX(のぞみグリーン車) 8590円

5660円 発車の4分前まで/1~6人
グリーン車(のぞみ正規料金) 8790円



新幹線自由席用早特往復きっぷ

新大阪-名古屋間の普通車自由席が割引になる往復タイプの商品です。

乗車日の1ヶ月前から1週間前まで、JRの主な駅の窓口で購入できます。有効期限は3日間。

価格は往復で9150円。

ぷらっとこだま

ぷらっとこだまはJR東海ツアーズが販売する、列車・区間限定の割引きっぷです。指定された「こだま号」のみ利用できます。

通常期の新大阪-名古屋間の指定席は大人4400円、子ども3200円。グリーン車は大人6700円、子ども4600円です。繁忙期(2017/8/11~20、12/28~2018/1/6)は、指定席の大人が5200円、グリーン車が6900円になります。子どもは料金は通常期と同じです。

インターネットでは「e-ぷらっとネット」で1ヶ月前の11時から出発5日前まで購入可能です。電話では出発の2日前、JR東海ツアーズの支店に来店すれば出発日前日まで購入できます。

予約後の変更、途中乗降はできません。予約の変更は取消の扱いになり、出発の10日目から手数料がかかります。

学割

学割は、JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒は、運賃が2割引になる制度です。特急料金は割引されません。

ほとんどの中学・高校・大学・専修・各種学校はJRの指定する学校に含まれます。

特急料金と合わせると自由席が5160円、のぞみの指定席が5890円、ひかりの指定席が5680円です。

新幹線回数券

新幹線回数券は、乗車券と指定席特急券がセットになった6枚つづりの回数券です。

JR東日本の主な駅のみどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センターおよび主な旅行会社で購入できます。

通年利用できますが、4/27~5/6、8/11~20、12/28~1/6の期間はご利用になれません。

新大阪-名古屋間の1枚あたりの価格は、指定席が5660円です。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線をオトクな値段で利用できる、会員線のネット予約サービスです。利用するには「JR東海エクスプレス・カード」、または「JR西日本J-WESTカード(エクスプレス)」への入会が必要です。年会費はどちらのカードも1080円です。

EX予約サービス

エクスプレス予約の基本商品。乗車当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能な乗車券、特急券一体型の割引きっぷ。

利用人数は、1~6人。乗車日1ヵ月前(10:00)から時刻表に表示の列車発車時刻の4分前まで購入可能。

料金は、大人の普通車指定席が5580円、自由席が5580円、グリーン車が7800円。子どもの普通車指定席が2780円、自由席が2780円、グリーン車が5000円です。

e特急券

特急券のみの割引きっぷ。往復割引乗車券等と組み合わせるとEX予約サービスよりもお得に利用できます。

料金は、普通車指定席が5580円です。

早得商品

早めの予約(3日前,または21日前)でお得になる割引きっぷ。

平成29年度の年末年始(12月28日~1月4日)は利用できません。

EXこだまファミリー早得

EXこだまファミリー早得は、「エクスプレス予約」の会員限定割引きっぷです。2~6名で利用可能で、子どもの料金設定もあります。

販売期間は、乗車日の1ヵ月前の10:00から、3日前の23:30まで。

新大阪-名古屋間の料金は、普通車指定席が大人4200円、こども2100円、グリーン車が大人5900円、こども3800円です。

EXこだまグリーン早得

EXこだまグリーン早得は、3日前の予約で「こだま」のグリーン車がお得に利用できる割引きっぷです。

販売期間は、乗車日の1ヵ月前の10:00から、3日前の23:30まで。

新大阪-名古屋間の料金は大人5980円です。子供用の料金設定はありません。

スマートEX

スマートEXは、2017年9月30日から開始される、東海道・山陽新幹線のネット予約サービスです。

手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録すると、新幹線にチケットレスで乗車できます。

エクスプレス予約と違い、新たにクレジットカードに入会する必要がなく、年会費もかかりません。

対象の交通系ICカードは、kitaca・PASMO・Suica・manaca・TOICA・PiTaPa・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCAの10種類です。

スマートEXサービス

スマートEXの基本商品。乗車当日、列車発車時刻の4分前まで予約可能な乗車券、特急券一体型の商品です。

会員本人1人の場合は、登録した交通系ICカードで乗車できます。2名以上や、こどもを含む場合は、事前に指定席券売機等できっぷを受け取る必要があります。

料金は、「のぞみ」の指定席が大人6360、こども3170円。

ひかり・こだまの指定席が大人6150、こども3070円。

のぞみのグリーン車が、大人8590、こども5660円。

ひかり・こだまのグリーン車が、大人8380、こども5560円。

自由席が、大人5830円、こども2910円です。

早得商品

早得商品の種類と料金は、エクスプレス予約と同じです。

以下の記事では、新幹線と高速バス、電車等の移動手段を比較をしています。

大阪-名古屋の格安料金比較|高速バス,新幹線,電車(JR/近鉄)で一番安いのは?